バイリンガル・コールセンター

コールセンターの「インバウンド」「アウトバウンド」の両方に豊富な経験と人材

インバウンドコールセンターはお客様企業の一員として

コールセンター業務は企業の中で最も顧客に近い場所に位置しており、顧客の声をダイレクトに吸い上げることができる企業の顔 といっても過言ではありません。

すなわち企業にとって新商品や新サービスの開発またはBPR(Business Process Reengineering)のきっかけを作る (アイデアを取りこむ)ことができる非常に重要な部署なのです。 ガリバーお客様企業に成り代わり、顧客・エンドユーザーの声を吸い上げます。 ただお客さまの問い合わせやクレームに対応するだけではない、お客様企業の事業を推進するさせる為の請負設計、

単なるコスト・センターで終わらさないために、商品開発・顧客満足度UPに繋がるコールセンターを提供いたします。

アウトバウンドコールセンター

ガリバーは、数多くの大手企業様よりテレマーケティングの業務を請負い、安全・丁寧・ローコストにて運営をおこなってきました。

変化に対して柔軟、日本と変わらない環境と品質

近年の景気の上向きに伴い、社員やアルバイトスタッフの人材確保に悩ませる企業も少なくありません。しかも人件費の高騰により企業が抱えるコストの問題は深刻化している状態です。また高スキルの人材を継続的に確保することが困難なことや、離職率がなかなか下がらないといった様々な問題が尽きないのではないでしょうか。しかしながらオペレーション業務はギリギリのラインまでコスト削減に迫られているなかで、人材を削ってコストを減らしても、残ったオペレーター人当たりの対応件数が当然増えるため、今度は顧客対応品質の維持が難しくなってきます。 その為ローコストで高品質なコールセンターが必要となりますが、国内において低価格とされてきたニアショアコールセンターにおいても、人件費高騰は例外でもありません。

そこでガリバーの海外・オフショアアウトソーシングが日本と変わらない文化と環境、品質でお客様企業のコールセンターを請負います。 フィリピンの海外・オフショアコールセンターは、上述のような悪循環となっている問題を解決するべく、お客様企業にマッチしたサービス、ソリューションを提供いたします。

オフショア アウトソーシングにおけるコールセンター業務は、これまで中国(日本語対応)とインド(英語対応)がそのシェアの大半を維持し続けてきました。 特にコールセンター大国と呼ばれたインドの成功の理由としてあげられるのは、”低い人件費”がその一番の理由であったことはもちろん、優れた英語力と高いIT技術力を持ち合わせた若年層の人口が豊富という好条件が揃い、あらゆる企業の業務アウトソーシングの受け皿となってきました。 しかし2011年春の調査では、フィリピンのコールセンター就業者数が34万4,000人に増加し、座席数・売上高ともにインドから首位の座を引きずり落とし、ついに世界一のコールセンター大国となりました。 すでにMicrosoft、DELL、IBM、シティバンクといった大手グローバル企業は、フィリピンに自社コールセンター拠点を構えているのです。